ホームページを作りたい時には専用ソフトで作ると簡単!


HTMLを手打ちで入力するのは古い!?

インターネットのwebサイト制作をする時には、HTMLを手打ちで入力するオーソドックスな方法もありますが、最近は専用ソフトを使って作る人が多いです。もちろん、手打ちでもホームページは制作出来ますし、知識がある人が行えば、専用ソフト以上に魅力的なホームページも作れますので、それが悪いわけではありません。ただ、制作の容易さを考えれば、やはり専用ソフトを使ったほうが良いですし、特に初心者の方はHTMLの手打ちから学ぶと面倒に感じる方もいます。ですので、ホームページ制作をこれから始める初心者の方には、専用ソフトを使って制作するのをおすすめします。専用ソフトでは、テンプレートや素材が揃っているのも多いです。

直感的に操作できてアップロードも簡単

ホームページ制作の時に専用ソフトを使うメリットは、まず操作が簡単というものです。HTMLを手打ち入力する場合、全てタイピングしなければいけませんが、専用ソフトでは画像を追加したい場合は、ドラッグアンドドロップやファイルの読み込みから出来たりします。また、入力する時に、タグの候補が表示されるものもあり、制作スピードも上がってきます。そして、もう一つのメリットがテンプレートや素材集を追加出来ることです。ホームページ制作ソフトでは、素材等を別に販売しているソフトもあり、追加のテンプレート集や素材集を使う事で、更に使いやすくしていく事が出来ます。このようなメリットがあり、更に作ったサイトのアップロードも簡単に出来ますので、ホームページ制作は専用ソフトを使っていきましょう。

プロトタイプとはホームページの試作品のようなもので、ホームページ制作では画面遷移など実際の操作を実現するために作ります。