ネットサービスで利用中のパスワードを送りつけられて脅されたら?


おまえのプライバシー情報を知っていると脅してくる

ある日、まったく知らない人からメールが届いたので読んでみたら、自分がネットサービスで利用しているパスワードが記されていて、「あなたのプライバシー情報を知っている。ばらされたくなかったらお金を払え」との脅し文句が書かれていたというケースが増えています。こうしたメールをもらったことで、なぜ自分だけが知っているパスワードがばれているんだとパニックになってしまい、ついお金を払ってしまったという人も少なくありません。

では、もしこのようなメールが届いたらどのように対処すればいいのでしょうか。まず、意外と知られていませんが海外のネットサービスを中心に、数千万から数億という数のメールアドレスとパスワードの組み合わせが既に流出してしまっています。脅しメールを送ってくる犯人は、これらの情報をアングラ系のサイトから購入して闇雲に送りつけているのです。彼らがわかっているのはメールアドレスとパスワードだけで、相手の詳しい個人情報についてはまずわかっていません。そのため、決して慌てないようにしましょう。

パスワードを速やかに変更しよう

ただ、送りつけられたパスワードを現在もネットサービスで利用している場合は、速やかにパスワードを変更するようにしましょう。そのままにしておくと、外国に住んでいるまったく知らない人にパスワードを利用され、ネットサービスに保存しているクレジットカード情報を奪われてしまう可能性があるからです。
また、お金を払えという脅迫に応じる必要はまったくありません。「私のプライバシー情報を削除してください」といった返信も不要です。徹底的に無視するようにしましょう。

シュレッダーとは、紙や写真、カードなどを細くカットする機械です。ゴミを捨てた後に、拾った人が情報を読み取るリスクをなくします。