見込み顧客を掘り起こせる!休眠顧客にも使える!


顧客を自動選別して営業活動をする

会社に営業職がいれば、その人たちは顧客に対してアプローチを行います。能力の高い営業職もいれば新人もいて、それぞれの能力に違いがあります。同じ顧客に対してもベテラン営業職なら注文が取れても、新人だと取れない可能性があります。そこで利用したいのがリードナーチャリングです。マーケティングオートメーションの手法の一つで、顧客を自動選別する仕組みです。メールを利用して顧客の興味を確認し、より高く興味を示す顧客を見つけられます。興味を持ってくれる顧客であれば新人が対応しても何とか商談を成功させられるかもしれません。能力の高い営業社員なら少しの反応で、新人営業社員ならある程度の反応を得た状態で商談をするとよいでしょう。

休眠顧客の掘り起こしとして使う

顧客には現在日常的に取引をしている顧客、過去に取引をしていた顧客、これまで取引がない見込み顧客があります。営業社員は日常的に取引をしている顧客や見込み顧客に対してはそれなりにアプローチを行えます。しかし過去に取引をしていた顧客、つまりは休眠顧客に対してはアプローチをする時間が取りにくいです。情報を発信すれば反応してくれるかもしれませんが、そのための人材が足りないときがあります。このときマーケティングオートメーションの仕組みであるリードナーチャリングを利用して再掘り起しをしてみましょう。営業社員には負担をかけずツールが自動的に顧客にアプローチします。休眠顧客が興味を示したところで営業社員が実際にアプローチをします。

マーケティングオートメーションとは、マーケティングの一連の流れを自動化し、効率よく集客するためのツールです。マーケティング活動と営業活動を連携させることで、新規顧客を増やすことが可能になります。