スマホが水没してしまった!そんな時の対処法


電源を切って水滴を拭う

水没してしまった場合は、まず電源を落とします。内部に水が入っている異様な状態で電源がONになっていると、ダメージが大きくなる可能性が高いです。無事かどうか確認する為に操作してしまう方もいますが、避けるべきです。その後は被害を拡大させないように水滴を拭いますが、スマホを振るのは避けます。スマホを振ると内部に水が拡散されてしまうので、完全に逆効果です。早く直るどころか、余計に時間がかかったり修理費が増えることになります。可能であれば電源パックを外しておくと良いですが、慣れていなくて不安な場合は無暗に触るべきではありません。

ドライヤーを使わずに自然乾燥

大きな水滴はタオルで拭いますが、内部の水は乾燥させるしかありません。ドライヤーを使うと素早く乾燥させることができると考えがちですが、正しい行動ではないです。ドライヤーの熱は想像以上に熱く、部品を溶かすなど悪影響を及ぼす可能性が高いです。色々な部品が駄目になると、修理どころか買い替えが必要になるので出費額が大きくなります。一刻も早く水滴を拭いたい気持ちは分かりますが、焦らずに自然乾燥をするのが正解です。日陰だとほとんど乾かないので、洗濯物と同じように日向かつ風通しの良いところが理想です。

修理予約をしてからお店へ向かう

水没をするとショックが大きくてストレスも溜まりますが、必ず修理予約をしてからお店へ向かいます。予約なしだと受け付けてもらえるか分かりませんし、優先してもらえる訳でもないです。なるべく早く復旧させたい場合は、非正規店の利用も選択肢の一つです。

スマホ修理はお店によって価格や対象としている機種が変わります。色々なお店を調べて比較しながら良いお店を見つけましょう。